女の子をキレイにデコレーションする。オデコマートのブログサイトです。

odecomart.blog

美容法

油断大敵!女性の“夏の冷え“を改善する5つの方法

更新日:

女性のための「冷えに負けない」夏の体作り

冷え性の女性の足元
出典:weheartit

女性の大きな悩みの一つが“体の冷え”

暑い夏場でも「冷房」や「汗」で想像以上に体が冷えることで不調の原因になっています。

今回はそんな“夏の冷え“に負けないおすすめ対策をまとめました。

冷えないカラダと環境を作って「夏でもキレイで元気な女性」を目指しましょう。

 

1,冷房・クーラーの効かせすぎに注意

クーラーの画像
出典:weheartit

夏場は、オフィス、電車、飲食店、自宅・・・とあらゆるところで冷房ビームが効いてます。

かと思えば、一歩外に出れば蒸し暑さでいっぱい。

この「急激な温度差」がカラダによくありません。

短時間に体温を上げたり下げたりを繰り返すとそのバランス機能が狂い始めます。

 

いわゆる「クーラー病」といわれる状態。

血液やリンパの巡りが悪くなって、“冷え・むくみ・痛み”などの原因に。

「なんとなく調子が悪い・・・」と夏に思う女性はもしかしたらクーラー病かもしれません。

自宅以外での冷房調節は難しいかもしれませんが、できるだけ“高めの温度設定にして、風が当たらないようにする“ことが鉄則です。

 

2,はおりモノ必須!温度調節できる服

ブランケットにくるまる猫
出典:weheartit

オフィスや電車などの冷房調節できない場所でもっとも有効な手段がコレ。

一枚はおるだけで単純にカラダの冷えを防止することができます。

また、汗をかいたカラダの体温低下も予防。

 

夏場の汗をかいたお肌にクーラーの風があたると急激に体温が下がり、カラダが確実に冷えてしまいます。

そんな時に「カーディガン」を一枚持っているだけで十分な冷え対策に。

ひざにも肩にもかけられる“ショール”や“ブランケット”などもおすすめ。

夏こそオフィスやカバンに「防寒アイテム」を常備しておきましょう。

 

3,夏でもお風呂(湯船)につかる

湯船で半身よくする女性の脚
出典:weheartit

暑い季節はどうしてもシャワーだけで済ませてしまいがちですよね?

しかし、“夏の冷え”対策をするためには「入浴」が効果的

カラダを芯から温め、血液循環や自律神経の動きを活発にしてくれます。

暑いのでおへその下からつかる「半身浴」でも十分。

無理せず、10分入って3分休むなどのペースで続けるとカラダが温まります。

 

4,体を温める適度なストレッチ・マッサージ

ふくらはぎをセルフマッサージする女性

出典:medical.yahoo

脚を中心とした下半身は、体の温かさを作ってくれる部分。

上半身よりも「脚をマッサージする」ことで、血液やリンパの流れが良くなります。

その流れでむくみや冷えの改善効果もアップ。

マッサージをする時は“下から上に向かって“揉んでいきます。

入念なストレッチなどで脚の腱をのばすのもおすすめ。

 

5,冷たい飲み物・食事をさける

冷たい飲み物
出典:weheartit

のどが渇いてついつい“冷たいもの”を手にとってしまいます。

外出中などをのぞいてなるべく冷たいものを摂るのは避けましょう。

せっかく冷え対策を行っても、冷たい飲食物は「体を冷やす直接の原因」になってしまいます。

 

美容に意識の高い女性の間では“お水は常温で飲む“ことはポピュラー。

ホットドリンクは問題なくOK。

常温が飲みなれないうちは「白湯(さゆ)」にするのもいいですよ。

 

「夏の冷え対策」まとめ

さて今回は、誰でも実践可能で効果的な冷え対策方法をご紹介しました。

とにかく夏こそ冷やさないことがとっても大切。

暑いからってこんなスタイルはNG↓

クーラーに脚をあてる女性の画像
出典:weheartit

冷えの元になるようなことは避け、できるだけ自然にカラダが温まるようにしてあげれば大丈夫です。

 

それから、しめつけの多い服はなるべく避けるのがベスト。

血の巡りが悪くなるため“冷えやムクミ”にもつながってしまいます。

 

面倒そうに感じても、一度習慣化してしまえば難しくありません。

暑い季節ですが、美容・健康のための「夏の冷え対策」ぜひトライしてみてください!

運営会社

Copyright© odecomart.blog , 2021 All Rights Reserved.