【決定版】市販で口コミ評価の高いメンズシャンプーおすすめランキング

たくさんの市販メンズシャンプーから商品を選ぶ男性の画像

「男性用のシャンプーは結局どれがおすすめなの?」「市販で人気のメンズシャンプーが知りたい!」

男性はもちろんのこと、シャンプー選びを担当する女性にとっても悩ましい問題。

シリコン・ノンシリコン、スカルプ、アミノン酸など様々なタイプがある中で迷わないために、口コミ評価の高いおすすめメンズシャンプーをランキング形式でまとめました!

このランキングを見ればメンズシャンプーのおすすめ商品がサクッとわかっちゃいます♪

彼氏やダンナさんにぴったりのシャンプーをプレゼントしたい女性も必見のランキングです☆

 

最初に確認!メンズシャンプーを選ぶポイントは?

自分に合ったシャンプー選びは男女問わず難しいものですが、女性よりも格段に頭皮の皮脂量が多いと言われる男性はいくつかのポイントに注意してシャンプーを選ぶ必要があります。

美容室でシャンプーをしてもらう男性の画像

  • 「スカルプシャンプー」:男性に悩みの多い抜け毛や薄毛といった頭皮ケア対策に向いている
  • 「アミノ酸シャンプー」:アミノ酸系の洗浄成分は弱酸性でやさしく洗い上げられるため、地肌や髪に必要な潤いを残しながら汚れが落とせる
  • 「ノンシリコンシャンプー」:頭皮の毛穴づまりや髪のボリュームダウンの原因となるシリコンを使っていないため、サッパリとした洗い上がりになる
  • 「デオドラントシャンプー」:加齢臭・ミドル脂臭といった男性特有の体臭防止に向いている
  • 「オールインワンシャンプー」:シャンプーのみでトリートメント効果までカバーしてくれる。(洗顔・ボディウォッシュとして使えるものも)

よく耳にする単語が並んでいますが、ざっくり効果の違いを理解しておくだけでも「どの種類がなにに効くのか」がわかるのでとっても重要です。

また、「オイリー肌用」「乾燥肌用」などタイプに合わせて配合が調整されている商品もあるので、肌質に適したタイプを選ぶことも失敗しないポイントです。

 

それではここから男性におすすめのメンズシャンプーランキングをご紹介していきます。

商品ごとに特徴・成分・口コミについてまとめてありますので、ご自身や男性パートナーの頭皮状態と照らし合わせながらチェックしてみましょう!

 

男性に最適!市販でおすすめのメンズシャンプーランキング24選

熊野油脂「馬油シャンプー」

熊野油脂「馬油シャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:熊野油脂(くまのゆし)

【商品説明】:髪と頭皮に負担をかけにくいノンシリコンタイプのシャンプー。

馬油成分が傷んだ髪に浸透し、指通りなめらかな洗い上がりです。

【成分・特徴】:ノンシリコン、弱酸性

【容量】:600ml

【価格】:¥2,566(参考価格)/¥480(Amazon販売価格)

【口コミ】:友達なんかが泊まりにきたときなどに「なにこのシャンプー」的な感じになります。
ただ使ってみるとイイネ!と喜んでくれるシャンプーです。別に喜ばすために買ったわけではありませんが。

とにかく髪が硬く、量が多いのでゴワゴワするのが悩みなんですが、これに切り替えてからは
かなりゴワゴワ感がなくなりました。ややネコっ毛気味になる感じといいましょうか。
ですので、髪が元々柔らかい毛質の母が使ったときは「おさまりすぎて、ぺったんこになってしまうので微妙~」って感想でした。
コンディショナーも元々毎日使っていたんですが、ここのレビューにコンディショナーしなくても◎とあったので
最近は毎日コンディショナーはせずに、週に2回程度です。
洗いあがりこそ少しゴソゴソというか指通りが悪いですが、乾かしてしまえば気にならずといった感じです。
また白髪染めをした後は必ず見るからに髪が痛んでいたんですが、それも軽減したような気がします。

 

熊野油脂「スカルプケア薬用シャンプー」

熊野油脂「スカルプケア薬用シャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:熊野油脂(くまのゆし)

【商品説明】:フケやかゆみを予防する「ピロクトンオラミン」や頭皮の乾燥を防いで保湿してくれる「グリチルリチン酸ジカリウム」配合のメンズシャンプー。

男性特有の皮脂汚れの多い頭皮や髪をしっかり洗い上げながらも保湿・乾燥を防いで頭皮環境を守ります。

【成分・特徴】:有効成分ピロクトンオラミン・うるおい成分グリチルリチン酸ジカリウム配合・医薬部外品

【容量】:600ml

【価格】:¥3,240(参考価格)/¥1,000(Amazon販売価格)

【口コミ】:長年、体質的にフケやかゆみに悩んでいました。洗髪をしっかりしても、皮膚が乾燥するとフケが頭皮に浮きあがるような状況でした。これは、シャンプーを色々変えても改善されませんでした。色々と調べ、本症状は脂漏性皮膚炎に症状が似ているという認識でした。アマゾンで評価の高い本商品を見つけて、ダメもとで購入しました。比較的安価ということも購入理由です。結論ですが、1週間の使用でフケやかゆみが劇的に改善しました。現在も使用を継続中ですが、まったくフケが無くなりました。驚きです。改善状況には個人差があると思いますが、私個人には適合していたのでしょう。今後も継続して使用しようと思っています。

 

エイチアンドエス フォーメン(h&s for men)「薬用シャンプー ボリュームアップ」

エイチアンドエス フォーメン(h&s for men)「薬用シャンプー ボリュームアップ」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:エイチアンドエス フォーメン(h&s for men)

【商品説明】:長年の研究による技術でしっかり皮脂汚れを洗い落としつつ、頭皮や髪に必要なうるおいを残してくれます。

髪のハリ・コシ・ボリュームを改善しながらきしまず、さわやかなサニーシトラスの男性用シャンプーです。

【成分・特徴】:髪・頭皮を清浄、ハリ・コシを出す、フケかゆみ・頭皮のベタつき・汗によるにおいなどの地肌ストレスを防ぐ

【容量】:520ml

【価格】:¥1,008(参考価格)/¥651(Amazon販売価格)

【口コミ】:今までは脂に悩んでいましたがこちらのシャンプーに変えてから1日中スッキリしています。匂いは洗っているときは結構甘い匂いがしますが、洗い流すとキツくなくほんのりした匂いになります。値段から考えるとかなり満足できる商品だと思います。

 

ボタニスト(BOTANIST)「ボタニカルスカルプシャンプー」

ボタニスト(BOTANIST)「ボタニカルスカルプシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:ボタニスト/BOTANIST(I-ne/イーネ)

【商品説明】:植物由来の石けん成分・アミノ酸成分でガンコな頭皮汚れを落とし、髪に潤いを与えてくれるスカルプシャンプー。

ラウレス硫酸Na・ラウリン硫酸Naフリー・シリコンフリーで髪にやさしい配合ですが、汚れはしっかり落としてフケ・かゆみ・ニオイを防いでくれます。

数々の楽天年間ランキング1位獲得、ドラッグストアでも手に入る手軽さ、オシャレなボトルと香りの良さで男性・女性問わず人気のあるシャンプーです。

【成分・特徴】:ラウレス硫酸Na・ラウリン硫酸Naフリー・シリコンフリー・弱酸性。構成成分の90%以上が植物由来成分+水。

【容量】:490ml

【価格】:¥1,512(Amazon販売価格)/¥3,024(トリートメントセット価格)

【口コミ】:男です。髪の毛が固くゴワゴワで癖毛です。なんですが、おしゃれなシャンプーを使いたいので、ボタニスト(さらさらタイプ)を買ってみました。
今まではアロマキフィやナプラ リフレッシュ スキャルプシャンプー、オクトケアテクトなどを使っていました。

このシャンプーは今までで一番すごいです!
使って初日から違いがありました。ドライヤーで乾かした後に髪を触ってみると、すごくつるつるで、今までにないくらい柔らかくなりました。
髪をかき上げると、今までは手に毛先が当たってチクチクした感触があったのですが、それがなくなりました。確実に髪質が改善されている気がします。
においも甘ったるかったり、おばさんくさかったりせずいい香りです。

コンディショナーには、なじませた後なめらかさが残る程度にすすぐと書かれていますが、すすぎ残しがあると自分は頭がかゆくなります。
人によるのかもしれませんが、しっかり洗い流した方が良いかと思います。

評価は二分されていますが、自分にはとてもよく合ういいシャンプーでした。

 

PRO TEC(プロテク)「頭皮ストレッチ シャンプー」

PRO TEC(プロテク)「頭皮ストレッチ シャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:プロテク(PRO TEC)

【商品説明】:男性特有の皮脂汚れをしっかり落とし、頭皮をやわらかく保つ“頭皮柔軟化”効果で健やかな髪を守ります。

メントール配合で頭皮がスーッとしてじんじんする使い心地。スッキリした使い心地が好みの男性や夏の季節に最適なメンズシャンプーです。

【成分・特徴】:ショウガ根茎エキス(潤い成分)、メントール(清涼成分)、オクトピロックス(フケ・かゆみ防止)

【容量】:300ml

【価格】:¥691(参考価格)/¥521(Amazon販売価格)

【口コミ】:ジェル状の液で、ワンプッシュで充分な洗浄力です。
爽やかな香りが心地よいですね。

洗髪後の泡切れもよく洗い上がりもさっぱりしています。
メントール成分が爽やかな洗い心地を演出し、ショウガ根茎エキスの効果で頭皮がぽかぽかしての血行が良くなっていることが実感できます。
洗浄力が強く仕上がりがサラサラ系なので、ぱさつきやすい方はPRO TEC 頭皮ストレッチ コンディショナーを併用したほうがよいでしょう。

「医薬部外品」指定で、一般的なトニックシャンプーに比べある程度育毛効果が期待できる爽やかなシャンプーです。

 

UL・OS(ウル・オス)「薬用スカルプシャンプー」

UL・OS(ウル・オス)「薬用スカルプシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:UL・OS/ウル・オス(大塚製薬)

【商品説明】:きめ細かい泡で低刺激、洗い上がりさっぱりのメンズスカルプシャンプー。

男性が悩むフケ・かゆみ・ニオイを防ぐ有効成分を配合。ノンシリコンながらリンス成分を髪に残す技術によってリンス不要を実現しています。

メントール×エッセンシャルオイルで清涼感を感じる仕上がり。

【成分・特徴】:シメン-5-オール(殺菌剤)、グリチルリチン酸ジカリウム(消炎剤)、コアセルベーション技術採用

【容量】:500ml

【価格】:¥2,592(参考価格)/¥2,350(Amazon販売価格)

【口コミ】:昨今人気高騰の高級シャンプーにはなかなか手が出ず、試しに買ったものの、肌に合わなかったのか、
頭に痒みが生じたのでまた暫く敬遠してました。

ウル・オス製品のスキンローションは好んで良く使用していたため、これでダメなら普通のシャンプーに戻す予定でしたが、
これを使用してからか痒みを帯びることがなくなりました。

Amazonでの価格は地元の薬局で売っているものより安いので今使用しているのが無くなり次第こちらで購入しようと思っています。
これ一本で髪がサラサラになるのでリンスの併用は必要ないかもしれません。

 

バイタリズム(VITALISM)「スカルプケア シャンプー ノンシリコン for MEN」

バイタリズム(VITALISM)「スカルプケア シャンプー ノンシリコン for MEN」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:バイタリズム(VITALISM)

【商品説明】:男性のヘアケアにも詳しい友利新・松木貴裕医師によって開発されたメンズスカルプ&ヘアケアシャンプー。

スカルプケアとヘアケアを同時に叶えるために独自に開発された「ピロミジロール」成分を配合。

8種類のアミノ酸成分で髪をいたわりながら根元から立ち上がるハリ・コシのある髪に仕上げてくれます。ハーバル系のエキゾチックで大人っぽい香りも特徴。

【成分・特徴】:ノンシリコン、新成分ピロミジロール配合、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドプロピルベタイン、アロエベラ葉エキス、キハダ樹皮エキス配合、石油系界面活性剤フリー、合成着色料フリー

【容量】:350ml

【価格】:¥2,138(参考価格)/¥1,998(Amazon販売価格)

【口コミ】:「メンズ」「スカルプケア」と先入観で使うと真逆の効果があるのでレビューを見てから購入したほうがいいです。
一般的にメンズスカルプシャンプーという言葉は、泡立ちが良くスッキリ洗えてキシキシするイメージがあると思います。
こちらの商品は、皆様方のレビューにもあるようにヌルヌルしているのでオイルクレンジングと似た使用感です。
泡立ちは悪いんですが、ヌルヌルしているので地肌をしっかりとマッサージできます。
低刺激で保湿成分が強いので、シャンプーだけでもパサパサした髪がしっとりとまとまりました。
恐らく他のシャンプーより保湿成分が強いので、がっつり泡立てて洗いたい人にはオススメできません。
・湯シャンをしても満足できない人にぴったり合う商品だと思います。
個人的に満足できる良いシャンプーです。

 

クリアフォーメン「シャンプー」

クリアフォーメン「シャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:クリア(CLEAR)

【商品説明】:皮脂量の多い男性向けに開発され、タンパク質を形成するアミノ酸を届けてくれるメンズシャンプー。

頭皮や髪の脂をしっかり落とすと同時にすすぎやすさも追求しシリコンを配合。さっぱりした洗い上がりと頭皮の栄養補給が期待できます。

香りは清潔感のあるスパークリングフルーティ。

【成分・特徴】:アミノ酸(バリン)、ビタミンE誘導体、タウリン

【容量】:350ml

【価格】:¥880(参考価格)/¥492(Amazon販売価格)

【口コミ】:38歳、抜け毛や頭垢が目立ち、髪質も栄養がまわってないような、死にそうな髪。気にしてた悩みもこのシャンプーで解消したぞ。
匂いも、いい匂いでもなく臭くもなく普通だが、よく美容院などでシャンプーしてもらう時に嗅ぐ匂い。間違えない感があり安心する。
洗髪後、髪にハリがでる感じで若返る感、最高です。私と同じくらいの年齢で、同じ悩みの方にオススメします。

 

&GINO「プレミアムブラックシャンプー」

&GINO「プレミアムブラックシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:&GINO

【商品説明】:薄い髪や抜け毛に悩む男性の頭皮活性化を目的に作られたメンズシャンプー。

植物由来の洗浄成分で頭皮や髪にダメージを与えにくく、血行促進や頭皮の栄養を補給。

トリートメントやコンディショナー不要で時短頭皮ケアが可能です。

【成分・特徴】:薄毛・抜け毛・皮脂汚れ・フケ・ニオイ・ダメージが気になる男性向け

【容量】:400ml

【価格】:¥5,183(Amazon販売価格)

【口コミ】:オレンジ系の香りのシャンプーです。
泡立ちもよく流したあともギシギシせずトリートメントしたような仕上がりです。
メーカーでは3分パックを推奨しているようなので試してみると、頭がスースーとメンソールっぽくなります。
これからの季節にはもってこいです。

 

大正製薬 プレリアップ「スカルプシャンプー」

大正製薬 プレリアップ「スカルプシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:プレリアップ/PreRiUP(大正製薬)

【商品説明】:地肌の毛穴づまりが原因の抜け毛を防ぐためのアミノ酸系メンズスカルプシャンプー。

古い皮脂や汚れなどの毛穴づまりをたっぷりの泡で洗い上げます。フケやかゆみを防ぐ有効成分「ピロクトンオラミン」を配合。シトラスミントの香りは爽やかで男性的。

【成分・特徴】:混合植物エキス・海藻エキス・ホホバアルコール

【容量】:400ml

【価格】:¥1,944(参考価格)/¥1,266(Amazon販売価格)

【口コミ】:当初は育毛業界特有の「育毛剤・リアップ」の単なる抱き合わせ商法と思ってましたが、色々スカルプシャンプーや「ハリ、コシ」アップをうたったシャンプー類を使用しましたが、身近に有るこのシャンプーが一番ボリューム感が
出ます!特にシャンプーの種類によって、薄毛が目立ったりする方にお勧めです!

 

マーロ(MARO)「薬用デオスカルプシャンプー」

マーロ(MARO)「薬用デオスカルプシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:マーロ(MARO)

【商品説明】:2種類の有効成分によって、男性の頭皮汚れを強力に殺菌・消毒してくれる医薬部外品のスカルプケアシャンプー。

5種類のレアオイル効果で頭皮や髪を傷めることなくクレンジング可能。伝承ハーブのうるおいと気持ちのよい洗い上がりが特徴です。

【成分・特徴】:イソプロピルメチルフェノール、シクロデキストリン、柿タンニン、緑茶エキス、オウバクエキス、ホップエキス

【容量】:480ml

【価格】:¥1,080(参考価格)/¥1,020(Amazon販売価格)

【口コミ】:中年になると頭皮は油っぽいのですが、弱くて敏感ですぐにカサカサというやっかいな状態になります。
なので洗浄力の強さだけでシャンプーを決めると、後で腫れ物が出来たり、痒くなったりと面倒な事になります。
しっかり洗えて、頭皮に優しい。
でも、そんなシャンプーは中々ないです。

このシャンプーのいいところは、洗い上がりのサッパリ感が得られつつも、頭皮への刺激が少ないことです。
ミントの香りも清々しく、臭い防止に効果がありそうと思わせてくれます。
ミント系の香りが好きな方は特にオススメです。

 

ルシード「薬用スカルプデオシャンプー」

ルシード「薬用スカルプデオシャンプー」
出典:amazon.co.jp

【ブランド名】:ルシード/LUCIDO(マンダム/MANDOM)

【商品説明】:40代男性が悩む“ミドル脂臭”に着目した無香料のメンズデオドラントシャンプー。

中高年男性の“ミドル脂臭”がこもる頭皮脂をフラボノ洗浄で洗い流し、さっぱりうるおう頭皮に。

ミドル脂臭・汗臭・加齢臭を気にする男性におすすめのニオイケアシャンプーです。

【成分・特徴】:無香料、デオドラント

【容量】:450ml

【価格】:¥1,566(参考価格)/¥1,285(Amazon販売価格)

【口コミ】:いろいろなシャンプーを試してきましたがこれは良いです。
良い点:
◎会社から帰宅するまで12時間ぐらい頭の嫌な臭いがしない。
〇洗い上がりサッパリ。脂分しっかり落としている感じ。
・派手な香料も入っておらず万人向け?
悪い点:
✖殺菌剤としてトリクロサンが入っている。海外で使用禁止、国内で代替えの動きのある成分。
△詰め替え用がもう少し安いとよいかな。

 

★続いて有名コスメブランドシャンプーや口コミで高評価のメンズシャンプーがたくさん登場します↓↓↓

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る